読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My place in Oz

ラグビー、コーチング、夢、留学、ビジネスについて

MENU

アート コーチング 人生をより豊かに 夢

f:id:rugdaichan:20170429134657j:plain

https://blogs.yahoo.co.jp/dreamdandy1/GALLERY/show_image.html?id=36828058&no=1 引用

あなたの夢はなんですか?

 

 

と聞かれたときに瞬時に答えることができますか?

 

 

例えば

 

 

人生の大きな起点であり、わかりやすいので

就職活動で考えてみましょう

 

よっしゃー!!

第一志望に合格した!

 

しかし、

思ってたものと違ったと

転職を考えたり

やめるということが多々見受けられます。

 

 

また、気になるのは離職率を意識すること

 

 どんな志を持った人が流のかが見たいものですね

 

あなたにとってなんのための仕事ですか?

 

 

もし、例えば自らの

人生に目標、夢

(どこで暮らしたいか、どんな仕事がしたいか、どんな人と結婚したいか、どんな人が近所にいるのか、リタイアしたあと人生、子どもは何人欲しい、どういった世界を望むのか)

 

 

これらの

を基準に就職活動を行っていたらどうなりますか?

 

本当にあなたが選んだ企業は第一志望になるでしょうか?

 

 

人間は目標に近づくと、少し機能が低下します。脳機能学から見ても歴然です。

 

 

高い目標に常にすり替えて行く必要があります。

 

 

夢は大きければ大きい方がいい!!

 

しかし、

自信がない人は少しづつ大きくしていってもいいかもしれません。

 

決して、

今の自分からの延長線上が目標にならないように!

 

コンフォートゾーン

 

しかし

 

努力することは本当に辛いことだと思います。

 

 

実は、それはなりたい自分にイメージができていないからなのです。

 

それは、今の自分にコンフォートゾーンがあるからであって

将来の自分のイメージにコンフォートゾーンがあれば、

今のまま自分にいることがストレスになり、

 

 

しなければならない⤵︎⤵︎

 

から

 

したい!!!!!!⤴︎⤴︎

に変わってくると思います。

 

 

 

 

こうなれば

 

将来のビジョンコンフォートゾーンが映った証

 

 

将来のイメージにコンフォートゾーンが映ってないとどうなるの?

 

簡単にいうとリバウンドが一番わかりやすいと思います。

 

脳がダイエット前の体にコンフォートゾーンを置いていて、戻りたいと感じるから

 

ご飯を食べる量を少なくしなければ

 

でダイエットを行うと

 

ご飯を食べたいってなるわけですよね!

 

コーチングの重要性

 

実際コーチは、選手、クライアントに応じて、今のその人のゴールを見極める必要があります。

 

そして、なぜ高い目標を作りにくいかというと

 

日本人は謙虚であることが美徳であり、

 

しかし、

武士の時代から

どうやって身を守るか、姫を守るのかと

 

必死で考えた結果

おそらくこの謙虚は、相手に自らを弱く見せるためのものであって、

自らを過小評価するものではなかったのかもしれません。

 

現代では

それら謙虚は、自らを過小評価することになりつつあります。

 

自信を持つことによって、

高いゴールをイメージをコンフォートゾーンに持って行くことができるのです。

 

コーチはそれぞれの資質を見つけ出し、人生が豊かになるように、クライアントの自信を高めることが大切です。

 

 

現在、

関西大学ラグビー

コーチを行いながら、

 

 

留学についてや、将来についてコーチングを始めました。

 

f:id:rugdaichan:20170429142558j:plain

 

もし興味がありましたら連絡してきてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクニックはあるがゲームは下手 ボキャブラリーは多いが英語話せない。 文法は知ってるけど英語を話せない。

今日の朝の何気ない会話から

 

f:id:rugdaichan:20170413135346j:plain

本日は

 戦術的ピリオダイゼーション

 

 

触れながら書いていきたいと思います。

 

 教育の歴史

 

私は毎年10人ほどオーストラリアで日本人ラグビープレーヤーの

お世話をしていますが、毎年感じることがあります。

 

 

 

パスやキックなどテクニックは日本人の方がうまい。

 

 

しかし、プレッシャーを感じたり、ゲームになると全くできないということが

多々見受けられます。

 

 

全くできないといえば語弊が生まれるので、かなりテクニックが落ちます。

 

ゲームの駆け引きや、ゲームのうまさなど。。。

 

 

また、これ関連でいくと

 

toiec900点超えてるのに英語話せないとか。

 

 

なぜ?

 

 

ここは日本のスポーツや教育が

早急に改善する必要があるのではないでしょうか。

 

 

日本の文化的背景から考えると、戦後から急激に進化しすぎたことの

 

負の遺産

 

なのかもしれません。

 複雑なものを複雑なままみる

戦後、日本は急激に進歩し世界第2位の経済大国になりました。

日本人は頭を使い、物事を簡単に理解しようと努め、大きな成長を得ました。

 

 

つまり

要素還元主義的な考えがものすごく強い

と感じます。

 

例えば、

人間を理解するために解剖し、内臓一つ一つを調べ、皮膚、骨、細胞と全てを細かく分けて調べました。

 

人間に必要な要素がわかりました。

 

しかし、それらを合わしても人間にはなりません。ましては生き返りません。

 

また、英語圏内の人とコミュニケーションをとりたいなので

英語を勉強しよう

英語を勉強するには

 

文法、リスニング、ライティング。。。。。

 

よしできた

 

英語は話せますか?

 

日常会話なんてわかりませんよ??

コミュニケーションの本質は何ですか?

 

 

 

もちろん分けて簡単に知ることは重要ですが、人間は全てがあって人間であって、構成成分を足し合わしたからといって人間になるわけではありません。

 

英語が読めるからといって話せるわけではない

 

要素還元主義のような機会的パラダイムで考えるのではなく

生命的パラダイムで物事考える必要性があると私は思います。

 

複雑なものを複雑のまま理解する

 

戦術的ピリオダイゼーション

サッカーをこのように考えたのがオランダのフラーデさん。

 

そしてその理論を戦術的ピリオダイゼーションと言います。

 

カオスでありながらフラクタルであると。

 

ここでいうカオスは混沌ではなく、

非線形力学にもづいており

バタフライ効果です。

 

蝶の羽の動きが起点にで嵐が起こるという考えですが、

『少しの変化がいずれ大きな変化に変わる』ということです。

 

ラグビーやサッカーでもそうだと思います。

 

精神力・技術・体力・戦術・攻撃・守備とフラクタルに考える必要があります。

 

 

何かが足りないから、何かを鍛えろでは、うまくいかないと思います。

 

常に、全体から見て、小さな課題から全体を感じさせることが重要だと思います。

 

実際この理論を用いて、モウリーニョ・ペップ・エディは勝利を収めています。

 

 

 

もう少し練習を勉強を考えていく必要がありませんか?

 

 

サッカーはサッカーをすることでうまくなる

ラグビーラグビーをすることでうまくなる

英語は英語を話すことでうまくなる

 

自らの課題がここにあると感じるなら、導入を考えて見てはどうでしょうか。

 

参考に。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組織の全ての人間に同じ方向を向かすことができれば、どの業界でも、どの市場でも、どんな競争相手に対しても、どんな時でも圧倒的に優位に立てる。 エディージョーンズ おすすめの本 パート1

f:id:rugdaichan:20170403141401j:plain

こんにちは

 

日本にはコーチング文化がないということを前提に

 

コーチングを学ぶために

 

コーチングについて学ぶためにエディがお勧めしている15冊の本を読み漁りました。

 

ガンガン紹介していきます。

 

 

というわけで

 

 

 

その第一弾

 

 

あなたのチームは、機能してますか

著パトリック・レンシオーニ

 

 

会社を興して年商10億ドルの企業に育てた友人が

チームワークについて、こう話してくれた

「組織の全ての人間に同じ方向を向かすことができれば、どの業界でも、どの市場でも、どんな競争相手に対しても、どんな時でも圧倒的に優位に立てる。」

 

キャスリンと呼ばれる女性が、業績不良のある会社を

 

スポーツにおいて重要とされるチームワークの力を用いて立て直した物語です。

 

良いチームワークとは何なのか。チームを作った過程が全て掲載されています。

 

「ばらばらなチームは折れた手や足のようなものだ」

 

 

「治すには必ず痛みが伴う。きちんと治療するためには、もう一度おらなくちゃいけないこともある。そして2度目はわざと折るので、一度よりもずっと痛い」

 

 

想像ばすればわかると思いますが、

 

そして、キャスリンが来た時には、最悪だった。

 

危ない組織の5つの症状

・結果への無責任(各自の仕事にかまけて全体を見ない)

・説明責任の回避(衝突を避けて互いの説明を求めない)

・責任感の不足(決定したことでもきちんと支持しない)

・衝突への恐怖(不満があっても会議で意見を言わない)

・信頼の欠如(意見は一致していないのに議論が起きない)

 

全てがこの会社にはなかった。

 

各個人の性格を全員露わにすることから始まり、

チームの輪を崩すもの(テイカー)をチームから排除し

少しづつチームとして機能していった。

 

一度チームとして機能すると、社員自ら会社のとってどの位置がチームにもっともすぐているか理解するようになる。

 

スポーツのチームでは、よくある。レギュラーになれなかった上級生が応援団長になったり、自らが今どこで求められているのかを探し、そこでリーダーシップを発揮するチームは強い。

 

それは、本気で意見し、本気でぶつかり合ったから生まれるものである。

 

逆にAチームで試合にでれなくなった上級生が、リーダーシップを発揮できないチームは弱い。

 

どこのグレードにいても、どの立場でもリーダーシップを発揮できる場所がある。

 

 

常にチームのために何ができるのか考えているチームを作っていく必要がある。

 

 

そのためには、もちろんコーチとしての経験ももちろん大切だ。

 

 

私はこの本を読んで感じたことは

キャスリンは様々な方法を使って、チームを一つにまとめたが

その中で一番素晴らしい思ったのが

コミュニケーションの取り方だ。

役員各々によって話し方を変え、自信をつけていった。

 

また、ハリネズミの精神に基づき、小さな歯車を回していった

チームは大きく成長していいた。

 

方法云々もこの本を読めばわかるが、

 

何よりこの方法はこの会社にとってよかっただけだ。

 

どの組織もチームを運営していく上で何が大切なのか見極めていく必要がある。

 

鶏が先か卵が先か。English, Rugby, Familiy 

f:id:rugdaichan:20170331115040j:plain

f:id:rugdaichan:20170331022831j:plain

 英語学習

 

自分の子どもには、英語で育てます。

 

 

なんの宣言やねん。

 

ですが、疑問を感じますよね。

 

実は英語だけはちゃんと勉強して来たんですよ

うそやんとか言わないでね

 

小学6年生の時に

オールブラックスになりたいと本気で思っていました。hahahahahahahahaha

おそらく中一の時には忘れてたと思いますが。haha

 

 

私はラグビーしかやっていませんでしたが、

海外でラグビーしたいという思いがあったので、

中学の頃から英語だけは頑張りました。

定期試験で英語100点とったことあるぐらいです。

地元大阪で一番下から3番目の学力やんとかは置いといて....

 

他は面白くなかったんで、

授業ではなく興味のあることググる日々

 

 

あっその時はヤフル??yahooするね

 

 

実際海外に行っても全然話せない。

いとこがAmericanなのに来た時全く話せない。

なんのための勉強やったんでしょう。

 

意味がなかったとは一切思いませんが

 

 

わからないですが、目標が違うんでしょう!!hahahaha

カリキュラムが

英語を話すことを目標にしてないだけ。

 

英語を話すためには違った方法を!!!

今までToefleで得点を取ることを目標にしていましたが、

 

英語を話すことに

目標をシフトチェンジしました。

最近やっとそのこと教えてもらって本当に感謝しかないです。

 

 

スポーツ

 

スポーツ界で本当に感じるのが、

本当に日本代表が世界で勝つためのカリキュラムなのかということです。

 

ラグビー以外のスポーツはわかりませんが、

 

ラグビーは実は、あれだけの功績を残したのに、

日本代表が勝つためのプログラムが組まれていないの現実です。

 

どれだけすごかったか?

 

ウェールズと書いてますが、アイルランドのサポーターがほとんどです。


ラグビー日本代表大金星! ウェールズ在住ラグビーファンの反応

 

アイルランドオールブラックスの連覇をとめイングランドの連覇をとめたのも、アイルランド代表が勝利するようにカリキュラムが組まれたからです。

 

カリキュラムを考えてあげる必要があると思います。

 

成長を求めるのであれば、

自分の求めたカリキュラムが組まれた場所に行くべきだと思います。

 

コーチ

 

コーチも変化していく必要があると思います。

 

コーチ?が自らの経験の元、教えているだけが日本の現実です。

 

考えていきたいのが、

 

コーチが良くなれば、選手がよくなるのか?

 

 

こういった問題はよく

 

鶏が先か卵が先かという話になると思います。

 

どっちでもいい。

 

 

それを言い訳にして話すことを止めることが嫌いです。

どっちが先がではなく

 

鶏がどこで生活し、何かを学び、なにかを感じることが大切だと感じます。

 

 

進化を求める鶏の子は進化を求めることでしょう。

 

進化を求める!!!

書いている内容がバラバラになりましたが、

 

また書いていきたいと思います。

 

 

Good coach and Bad captain or Bad coach and Good captain No one can coach without discipline, but make many rules and there are just more to break

f:id:rugdaichan:20170327140326j:plain

スポーツコーチと会社の関係 

 

 

最近スポーツチームのマネジメントが会社経営に使われていることが多い。

 

スポーツチームのコーチが

会社のアドバイザーになっていることが多い。

 

 

そこで疑問です。

 

 

あなたのチームは機能していますか?

 

全員がチームのために働いていますか?

 

ギバーとマッチャーの集団でしょうか?

 

 

なぜ、スポーツチームのマネジメントが有効なのか・・・・

 

なぜ、強いスポーツチームのマネジメントが優れているのでしょうか・・・・

 

 

 

非常に難しい・・・・

 

コーチの仕事にはマネジメントが含まれます。選手のマネジメントです。

 

スポーツの優れたコーチはアーティストだと称えられます。

 

なぜか、

巧みなコミュニケーションにより選手が最大限の力を引き出し、束ねるからです。

選手のモチベーションを常に管理し、

勝利のために選手が嫌いなことも120%してもらわなければなりません。

 

そのためには全員に同じアプローチではいけません。

 

 

やれ!!!

全員でやろう!!

 

などは完全に先生的発言です。もちろんクラスのように束ねるにはいいツールですが。

 

しかし、彼らを120%勝利に向けることは無理です。

 

Aくんには、Aの方法で

Bくんには、Bの方法で

Cくんには、Cの方法で

Dくんには、Dの方法で接しなければなりません。

 

 

エディが本で、公正であるべきだが、

公平であってはいけないと述べていました。

 

 

 

 ディシプリン

 

 

 

最近、日本ラグビー界ではよく耳にするディシプリン

 

 

 

 

規律

 

 

エディーがやたらめったに言ってました。

 

 

 

私がコーチングを初めて2年で感じたことを書いていきます。

 

一番感じたことは

 

ディシプリンはコーチが一方的に作ってはいけないということ。

・数が多すぎてはいけないということ。

 

選手に中で勝手に生まれるように導いていく必要があります。

 

 

ここにもコーチのアートが必要ですね。

 

 

なぜ、選手から生まれる方がいいと感じたのか

 

なぜなら、選手同士の方が距離が近いからです。

 

選手たちによってできた規律であれば、納得して全員で守ろうとします。

 

なぜか、自らで作ったルールであるため

ルールに納得しています。

また、選手同士で監視し始めるからです。

 

コーチは、選手とかなり密接してるとはいえ、やはり遠いです。

コーチが一方的に作るとどうなるか・・・・

 

 

うわべだけのものになります。

 

 

そして窮屈を覚えます。

 

 

 

そして、監視はコーチだけだしと・・・・

 

 

誰しも、納得していないことはしたくないでしょう。

 

キャプテン

キャプテンの重要性

 

 

 

さて問題です。

 

 

どのパターンが一番いいと思いますか

 

 

 

Goodコーチ✖️Badキャプテン

Badコーチ✖️Goodキャプテン

 

 

 

答えは・・・・・

 

 

完全に後者です!

 

なぜか、 Bad キャプテンはチーム崩していきます。

 

 

しかし、Goodキャプテンはどのような指導であってもチームを一丸とさせます。

 

 

チームとは生き物です。

 

魚の群れのようなものです。

 

もし、バラバラになってしまうと簡単に大きな魚に食べたられてしまいます。

 

 

 

 

 

規律は必要ですが、チームによってどのような規律が必要なのか見極める必要があります。

 

 

会社も同じではないでしょうか。

 

 

チームを機能をさせるためにはディシプリンは必要ですが、どう設定するのかいつまでに芽生えさせるのか計画的に考える必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドコーストを食べつくせ!!!!!

ゴールドコーストに住んでる人がオススメするレストランを一挙公開します!

 

オーストラリアは多国籍多人種の方がいます。

また、

多くの国のレストランがあります。

 

その中でも、実際に私が行きめちゃくちゃうまかった。

Sreet Corner Espresso

Good  Morning

朝⑤時40分からsurfingへ

 

After surfing にはもちろんcappccino!!

 

そして、今回食べたのは

Eggs Benedeict

f:id:rugdaichan:20170321105207j:plain

 

日本人が大好きeggs benedict

 

うまっ!!

でした。

 

オーストラリアのカフェはコーヒーにこだわりを持っており、

スタバなどはほとんどありません。

 

ゴールドコースとには多分一つ.....

 

 

サーファーズにだけあったような....

 

全く人気がないです。haha

実は私はオーストラリアに来てやっとコーヒーが好きになりました。

 

 

そのコーヒーがこれ

Byron Bay Coffee

 

めちゃくちゃうまいです!

 

日本では東京の方でしか飲めないのかな....

 

私は日本へのお土産はいつも豆を1キロ買って帰ります。

 

是非、いろんなカフェにチャレンジして見てください!

 

Pho Vietnam

ベトナム料理

ベトナムの発音がわからずたどり着くまでにかなり時間がかかりました。haha

f:id:rugdaichan:20170321232510j:plain

f:id:rugdaichan:20170321232523j:plain

 

食べログでも好評のここ

 

場所はオーストラリアフェアの映画館の横

 

ゴールドコーストベトナム料理ベスト10にも入っています。

 

そこで、食べたのが

ココナッツ ヌードル

 

グリーンカレーやココナッツが効いた味が好きな私にとっては

すごく癖になる味です。

 

 

また、変わった口コミも聞きました。

日本人を多くのレストランに連れて来たが一番ここが気に入ってもらえたと....

 

口コミも好評なので是非訪れてみては?

 

 

 

Guzman y Gomez

メキシカン

私が大好きなベトナム料理

f:id:rugdaichan:20170321232556j:plain

 

私は親戚がロス(カリフォルニアはメキシコに近いため、メキシコ料理が盛んです)に住んでいることもあり、トルティーヤやタコスが夕食に!

 

パーティの時はみんなでトルティーヤみたいな感じ

 

 

 

 

ここで食べたのが、タコス、ナチョス、エンチーダ

 

やっぱり最高!!

 

しかし、やっぱり癖がありますねエンチラーダに関してはかなり好みに個人差がある感じ

 

 

 Betty's Burger

 

どうしてもハンバーガーって方は是非!

 

ロビーナタウンセンターが4年で驚くべき進化を遂げました。

 

kitchen's という名前のフードコートができたのですがオシャレすぎてビビる

f:id:rugdaichan:20170321232830j:plain

 

 ビールとバーガーの組み合わせファッティー過ぎる。

 

次の日から再びヘルシーになりオーツと果物の生活へ

 

 

 

Surf Club in South burleigh

私がオーストラリアに行くとからず訪れる場所!!!

 

昼はこんな感じ

f:id:rugdaichan:20170321233101j:plain

f:id:rugdaichan:20170321233313j:plain

晩はもちろんオージービーフ400g

 

f:id:rugdaichan:20170321233347j:plain

 

海の近くにあり比較的安いお店です。

 

 

また、woolworth やcolesで買い物するとレシートに

半額チケットがもらえたりします。

 

おすすめです。

Mike's kitchen

リブが有名な

Mike's kitchen

f:id:rugdaichan:20170321233649j:plain

こんなリブ見たことありますか?

 

何を喰わせたらこんな豚ができるねん!haha

 

とりあえず激ウマ!!

 

最後は戦いでしたが。。

Ashmore Seafood and Steakhouse

 

終始人気のこのレストラン

 

一番うまかったです。

 

あの五郎丸選手も来たことがあるとか

 

 

f:id:rugdaichan:20170321235133j:plain

 カニ、ロブスター、ステーキ、カラマリと全てがうまかった。

 

 

予約でないと入れないとか。

 

 

全ての料理は美味しかった

 

 

しかし、注意点があります。

 

 

すべてファッティーだということ必ず運動は怠らないでください。

関龍AUS CAMP Last week

ついに 

関流AUS CAMP

最後の週になりました。

 

今回の合宿が終わりに近づいてきました。

 

 

7weeks もあっという間ですね。

 

 

一番初め来たときは、毎日本当に辛かった。

けど、残りたいという思いがありました。

 

しかし、今ではもう住みたい。

どうやって住もうかと考えているぐらいです。

 

 

そして、前回引き続き、

 

参加者の声を乗して行きます。

 

K君

ほんまに日本帰りたくない。オーストラリアの方が楽しい

監督に相談してください。

O君

どうにかして、留学期間延長できないですか?

来年も行きたいので、どうやってくるか考えます。

S君

なんとか今年中にラグビーで就職決めて、来年最後の年にもっかいここでトレーニングして、自分たちの最高のシーズンを作りたい

 

などなど

 

 

合宿がいいものになって来ていると確信しております。

 

まだまだ課題はありますので、是非皆さんの声が聞きたいですよろしくおねがします。

f:id:rugdaichan:20170314184933j:plain

 

オーストラリアほ楽しみ、強くなって帰ってもらえるように努力してます。

 

先週の丘でのトレーニングの様子でです。

 

ちびっこたちが応援に駆けつけてくれました。

 

双子の兄弟で地域のクラブチームで一番早いそうです!

f:id:rugdaichan:20170314185445j:plain

 

 

ヘトヘト

 

ですよね。

 

 

また今週のクルセーダーズvsレッズの試合はもう本当に燃えました。

 

ホームアンドアウェイの感覚は日本にはほとんどないと思いますが、

 

海外では、

 

 

もうたいへん

 

ブーイングはあるは、

放送でホームチームを応援するはで

 

たいへんすぎ。。。。

 

しかし、こういったことを若いうちに体験することは大きな財産になると思います。

 

月曜日

ウエイトトレーニングを行い、その後ビーチ

火曜日

ウエイトトレーニングを行い、クラブ

水曜日

ウエイトトレーニングののち

チームビルディングとしてレーザータグ

写真はfacebookに投稿します。

 

木曜日

 

とうとう流経大の最後の日

 

服も交換し、大変仲良くなりましたが、一度お別れになります。

 

次回会うときは夏合宿になると思いますが、

 

そのときは、しのぎを削り合いましょう!

 

金曜日

ウエイトトレーニング

 

 

といった週になると思います。

 

 

最後の週も気合い入れて行きましょう!!