My place in Oz

ラグビー、コーチング、夢、留学、ビジネスについて

MENU

月に一度全てを疑う日を作ってみる!今見えているものは脳で作られた情報でしかない。

f:id:rugdaichan:20170624184542j:plain

 

今見えているものってなんだろう!?

 

今見えているものはみんな一緒なのか?

 

そんな疑問を感じた日はないですか?

 

もちろん違います!!

 

留学をし、多くを学び多くの世界に触れて欲しいと心から願います。

 

そして、

何よりいつも自分は見えていない世界があるということに気づくためにも

月に一度は全てを疑っています。

 

 コーチングあるある

コーチングでよく耳にすることがあると思います。

 

なんでわからないんだ!

とか

見ろよとか!

 

 

選手は見ていますが、脳に情報としてインプットしていません。

 

つまり、選手が見ているビジョンの中には

そのコーチが言っている見ろよは写っていません。

 

つまり、情報として受け取れていないのです。

 

盲点になっているということです。

 

その中で、見ろとかって。。。。

 

日本のコーチは

多くを経験したトップ選手ばかりなので多くを感じ、

多くを見ていることでしょう。

 

しかし、そんなこと言ったて選手が上手くなるわけはありません。

 

 

ストコーマ

 

盲点のことです!!

 

なぜ見えないのか

 

類は共を呼ぶの原因がわかると思います。

 

そして、なぜ見えているものは一緒だと感じるのでしょうか?

 

行動経済学では、大学の教授は知識や知恵が大きくなりすぎて、わからない人のために降りてこれないといいます。

 

つまり、これぐらいわかるだろのレベルがかなり高いということです。

 

認知科学コーチングでは抽象度を合わす必要があるといいますが、

 

コーチングでは、相手が見えている世界、感じている世界をわかった上で

 

高いレベルまで引き上げてあげる必要があります。

 

 

せっかく高い視点から物事を見ることができるのに、

ただ見えるだろ

とか

なぜわからないんだでは、宝の持ち腐れ、猫に小判、豚に真珠です。

 

今見えている物理空間は、目で受け取り情報化したものを脳が映し出しています。

 

 

強いていうなら、聞こえるもの感じるもの全てが脳が情報処理し、体に感じさせています。

 

 

 では

何を基準に人間は物事を見ているのでしょうか?

 

 

 

臨場感がとても強いものを見ています。

 

 

 

身近な例でいくと過去です。

 

 

将来を強くイメージしている人は、その時の自分です。

スポーツ選手ならよくあると思いますがイメージ通り上手くいったことはこれのおかげです。未来に臨場感が湧いたということ

 

そして、

人はこの臨場感の強いものに惹かれて

 

人とあったり付き合ったり結婚したり物事を捉えたりします

 

 

そして、何よりそれ以外が見えなくなります。

 

新たな知識や、自分とは違う人を認めないと

ストコーマがどんどん強化され、

あなたの都合のいい世界になってしまう。

全てが今考えていることが正しいと感じるようになる。

 

見えているものが同じ人の言葉以外が

盲点になる可能性があります。

 

 

なので、

私は留学などどんどん世界に出て世界を見て欲しいし、多くを学んで欲しいと思います。

是非皆さんも月に一度くらいは全てを疑う日を作ってみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

スポーツと笑い  呼吸を深くすることで冷静さを復活させる

久しぶりの投稿ですが、

 トビタテ留学Japanの事前研修に行ってきました!!!

 

そして、9月にニュージーランドへ出発します!

世界一!です

 

今日はスポーツ笑いについて書いていこうと思います。

f:id:rugdaichan:20170623165221j:plain

私は

スポーツの練習を行うときに大切なことは笑いだと感じています。

 

 

もちろん 笑いと真剣のバランスは大切だと感じています。

α波とβ波が一定の位置にあるときに、

最大のパフォーマンスが発揮できます。

 

つまり、笑いすぎてもダメだし、真剣になりすぎてもダメです。

 

しかし、

笑いを禁止することもよくないです!

 

ニュージーランドでも、笑いと集中のバランスが大切にされています。

 

結論

笑いは呼吸を深くするからです。

 

 

笑いと呼吸

 

呼吸が深くなれば、危機回避能力が上がります!!

 

また、α波とβ波が一定の位置にあるときに、

最大のパフォーマンスが発揮できます。

 

アメリカの軍人やロシアの軍人は

 

実は特殊な呼吸方を行います。

 

抽象思考行うためです。

 

要は、冷静な判断をするためにです。

 

戦争では、仲間が死ぬこともあります。

そんな中で冷静さを保ち続ける必要があります。

 

経験があると思いますが、

 

カッとなって周りを見えなくなったとか

 

疲れてくると、

人間は動物の本能に戻り命の危機を感じるようになります。

 

すると、

思考することをやめ、逃げるなどやめるというふうに働きます。

 

横隔膜の振動が冷静さを復活させます。

 

例えば、ラグビーでいうと

ダミアンマッケンジー

 

f:id:rugdaichan:20170623165242j:plain

これに声が出てるなら

最高なんですけどね。

 

しかし、彼は蹴るときに多くのドーパミンが出てるに違いません。

 

笑いの歴史

西洋の絵画で笑ってる絵をたくさん見たことがありますか?

 

 

実は笑いは支配者に禁止されていました。

 

禁止されているのか、する状況を作っていなかったのか。

 

わかりませんが、笑いは創造力を育みます。

また、脳のしがらみを解放します。

 

笑って悩みからスッキリしたことがあると思います。

 

 

そして、日本は笑いの国でしたが

戦後笑いを抑制されてしましました。

 

 

笑いの医学

 

笑いの医学も実はかなり進んでいます。

 

ラフターヨガの最年少マスターであり

笑い総研のCEOである大久保さん(のびー)が

 

こんなクラウドファンディングを行なっています!

 

 

camp-fire.jp

 

大久保マスターことのびーは

TED talkにも出演しており、現在世界中に飛び回っています!

 

笑いで治療ができれば、どうでしょうか

 

どんな世界になりますか?!

 

すごく明るく楽しい世界になると思います!

 

 

では、また次をお楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

練習計画について① コーチングにおけるアートと自信

f:id:rugdaichan:20170610191736j:plain

 

Takashi Oda

 

大好きなBurleigh heads

 

 

ファシリテーター報告

 

 

先日一週間長野の白馬にファシリ研修を行ってきました。

 

 

毎日違う中高生に対して、チームビルデイングを行う中で

 

気づいたことは!!!

 

逐次的にメニューを組んでは

全く上手くいかない

 

 

と言うことです。

 

 

コーチングの師匠とともに一週間過ごしたのですが、

 

師匠は

気づかぬうちに

 

どんどんどんどんチームを

 

 

まとめていく姿を見て圧倒されました

 

 

 

今までこういったコーチを多く見てきましたが

 

経験によるものだと感じていました..........

 

しかし

 

経験ではなかったんです。

 

Decision makerを

育成するにはと考えに考えた結果

 

認知科学脳科学、心理学

にたどり着きました。

 

 

 

現在、私はこれらを中心にコーチングを行なっています!!

 

 

もちろん師匠が以上の3つに基づいてファシリ、コーチングを行なっていたのですが、

 

師匠からの助言は

 

見た瞬間に彼らのゴールを描きなさい!

 

 

そして、

 

自我を捨てなさい!

 

でした。

 

そして、次の日からの

ファシリがうまいこと

いきすぎて驚きました!

 

全て描いていた通りになったんです!

 

メニューがなくていいと言っているわけではありません。

 

引き出しは多いほうがいいです。

 

しかし、重要なことはゴールであって、ルールではありません。

 

知っているメニューであっても、どんどんルールを変えていくべきだし、内容自体も変えるべきです。

 

生徒に火をつけられないのは100%

コーチやファシリテーターの責任です。

 

ここにコーチングとしてのアートが存在しているのです

 

 

 

 

 

と言うわけで本題に入っていきます。

 

練習計画について

 

 

 

チームが勝利を目指していく上で重要なのがシーズンプランです。

 

多くのコーチはワールドカップ周期を目処にプランを立ててるような気がします。

 

プランを作る上で大切なことは

 

100%ゴールです!

 

それも、

 

今のチームの現状からこれぐらいという考え方ではダメです。

 

多くのコーチが現状の内側にゴールを設定しますがまちがいです。

 

エディージョーンズがいい例になると思いますが、

 

彼は、完全に日本のラグビー界に置いては

 

完全に枠の外ゴールを設定しました。

 

だから

 

あの偉業を成し遂げることができたのです!

 

 

認知科学の世界では、

現状とは

 

このままでもたどり着く未来も含みます。

 

それでは、ゴールにたどり着くためのアイデアが生まれないのです。

 

例えば、ゴールにたどりそうになった時

 

もういいかなと思ったことはないですか?

 

けど、順番にいかないと

 

モチベーションがとか......

 

たどり着けないと思って諦めるのでは....と

 

もちろん不安になる人も多いと思います!

 

もし不安になるのであれば、どんどんゴールを高くしていくべきです。

 

これらの原因は自信があるかどうかです。

 

自信をモテないかについてはまた違う記事で。。。。

 

ゴールにたどり着く前にどんどん高くしていてください

 

すると

 

どんどん自信がついてくると思います、

 

そしてこの自信を高めてあげることが、

 

コーチが選手にして上げる本当の仕事です。

 

自信が高くなれば、勝手にゴールが高くなります。

 

すると、勝手に選手はゴール達成に向けた行動をとり始めるようになります。

 

実は、上記3つを学び始めてから、

 

 

私のコーチングは、完全に変わりました!

 

 

 

実際、私がしているコーチング方法はスポーツ界にほとんどないものかもしれませんが、

 

ここにコーチングにおけるアートが存在しているのかなと思います。

 

目に見えるものが全てではないです。

 

 

 

 

 

アート コーチング 人生をより豊かに 夢

f:id:rugdaichan:20170429134657j:plain

https://blogs.yahoo.co.jp/dreamdandy1/GALLERY/show_image.html?id=36828058&no=1 引用

あなたの夢はなんですか?

 

 

と聞かれたときに瞬時に答えることができますか?

 

 

例えば

 

 

人生の大きな起点であり、わかりやすいので

就職活動で考えてみましょう

 

よっしゃー!!

第一志望に合格した!

 

しかし、

思ってたものと違ったと

転職を考えたり

やめるということが多々見受けられます。

 

 

また、気になるのは離職率を意識すること

 

 どんな志を持った人が流のかが見たいものですね

 

あなたにとってなんのための仕事ですか?

 

 

もし、例えば自らの

人生に目標、夢

(どこで暮らしたいか、どんな仕事がしたいか、どんな人と結婚したいか、どんな人が近所にいるのか、リタイアしたあと人生、子どもは何人欲しい、どういった世界を望むのか)

 

 

これらの

を基準に就職活動を行っていたらどうなりますか?

 

本当にあなたが選んだ企業は第一志望になるでしょうか?

 

 

人間は目標に近づくと、少し機能が低下します。脳機能学から見ても歴然です。

 

 

高い目標に常にすり替えて行く必要があります。

 

 

夢は大きければ大きい方がいい!!

 

しかし、

自信がない人は少しづつ大きくしていってもいいかもしれません。

 

決して、

今の自分からの延長線上が目標にならないように!

 

コンフォートゾーン

 

しかし

 

努力することは本当に辛いことだと思います。

 

 

実は、それはなりたい自分にイメージができていないからなのです。

 

それは、今の自分にコンフォートゾーンがあるからであって

将来の自分のイメージにコンフォートゾーンがあれば、

今のまま自分にいることがストレスになり、

 

 

しなければならない⤵︎⤵︎

 

から

 

したい!!!!!!⤴︎⤴︎

に変わってくると思います。

 

 

 

 

こうなれば

 

将来のビジョンコンフォートゾーンが映った証

 

 

将来のイメージにコンフォートゾーンが映ってないとどうなるの?

 

簡単にいうとリバウンドが一番わかりやすいと思います。

 

脳がダイエット前の体にコンフォートゾーンを置いていて、戻りたいと感じるから

 

ご飯を食べる量を少なくしなければ

 

でダイエットを行うと

 

ご飯を食べたいってなるわけですよね!

 

コーチングの重要性

 

実際コーチは、選手、クライアントに応じて、今のその人のゴールを見極める必要があります。

 

そして、なぜ高い目標を作りにくいかというと

 

日本人は謙虚であることが美徳であり、

 

しかし、

武士の時代から

どうやって身を守るか、姫を守るのかと

 

必死で考えた結果

おそらくこの謙虚は、相手に自らを弱く見せるためのものであって、

自らを過小評価するものではなかったのかもしれません。

 

現代では

それら謙虚は、自らを過小評価することになりつつあります。

 

自信を持つことによって、

高いゴールをイメージをコンフォートゾーンに持って行くことができるのです。

 

コーチはそれぞれの資質を見つけ出し、人生が豊かになるように、クライアントの自信を高めることが大切です。

 

 

現在、

関西大学ラグビー

コーチを行いながら、

 

 

留学についてや、将来についてコーチングを始めました。

 

f:id:rugdaichan:20170429142558j:plain

 

もし興味がありましたら連絡してきてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクニックはあるがゲームは下手 ボキャブラリーは多いが英語話せない。 文法は知ってるけど英語を話せない。

今日の朝の何気ない会話から

 

f:id:rugdaichan:20170413135346j:plain

本日は

 戦術的ピリオダイゼーション

 

 

触れながら書いていきたいと思います。

 

 教育の歴史

 

私は毎年10人ほどオーストラリアで日本人ラグビープレーヤーの

お世話をしていますが、毎年感じることがあります。

 

 

 

パスやキックなどテクニックは日本人の方がうまい。

 

 

しかし、プレッシャーを感じたり、ゲームになると全くできないということが

多々見受けられます。

 

 

全くできないといえば語弊が生まれるので、かなりテクニックが落ちます。

 

ゲームの駆け引きや、ゲームのうまさなど。。。

 

 

また、これ関連でいくと

 

toiec900点超えてるのに英語話せないとか。

 

 

なぜ?

 

 

ここは日本のスポーツや教育が

早急に改善する必要があるのではないでしょうか。

 

 

日本の文化的背景から考えると、戦後から急激に進化しすぎたことの

 

負の遺産

 

なのかもしれません。

 複雑なものを複雑なままみる

戦後、日本は急激に進歩し世界第2位の経済大国になりました。

日本人は頭を使い、物事を簡単に理解しようと努め、大きな成長を得ました。

 

 

つまり

要素還元主義的な考えがものすごく強い

と感じます。

 

例えば、

人間を理解するために解剖し、内臓一つ一つを調べ、皮膚、骨、細胞と全てを細かく分けて調べました。

 

人間に必要な要素がわかりました。

 

しかし、それらを合わしても人間にはなりません。ましては生き返りません。

 

また、英語圏内の人とコミュニケーションをとりたいなので

英語を勉強しよう

英語を勉強するには

 

文法、リスニング、ライティング。。。。。

 

よしできた

 

英語は話せますか?

 

日常会話なんてわかりませんよ??

コミュニケーションの本質は何ですか?

 

 

 

もちろん分けて簡単に知ることは重要ですが、人間は全てがあって人間であって、構成成分を足し合わしたからといって人間になるわけではありません。

 

英語が読めるからといって話せるわけではない

 

要素還元主義のような機会的パラダイムで考えるのではなく

生命的パラダイムで物事考える必要性があると私は思います。

 

複雑なものを複雑のまま理解する

 

戦術的ピリオダイゼーション

サッカーをこのように考えたのがオランダのフラーデさん。

 

そしてその理論を戦術的ピリオダイゼーションと言います。

 

カオスでありながらフラクタルであると。

 

ここでいうカオスは混沌ではなく、

非線形力学にもづいており

バタフライ効果です。

 

蝶の羽の動きが起点にで嵐が起こるという考えですが、

『少しの変化がいずれ大きな変化に変わる』ということです。

 

ラグビーやサッカーでもそうだと思います。

 

精神力・技術・体力・戦術・攻撃・守備とフラクタルに考える必要があります。

 

 

何かが足りないから、何かを鍛えろでは、うまくいかないと思います。

 

常に、全体から見て、小さな課題から全体を感じさせることが重要だと思います。

 

実際この理論を用いて、モウリーニョ・ペップ・エディは勝利を収めています。

 

 

 

もう少し練習を勉強を考えていく必要がありませんか?

 

 

サッカーはサッカーをすることでうまくなる

ラグビーラグビーをすることでうまくなる

英語は英語を話すことでうまくなる

 

自らの課題がここにあると感じるなら、導入を考えて見てはどうでしょうか。

 

参考に。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組織の全ての人間に同じ方向を向かすことができれば、どの業界でも、どの市場でも、どんな競争相手に対しても、どんな時でも圧倒的に優位に立てる。 エディージョーンズ おすすめの本 パート1

f:id:rugdaichan:20170403141401j:plain

こんにちは

 

日本にはコーチング文化がないということを前提に

 

コーチングを学ぶために

 

コーチングについて学ぶためにエディがお勧めしている15冊の本を読み漁りました。

 

ガンガン紹介していきます。

 

 

というわけで

 

 

 

その第一弾

 

 

あなたのチームは、機能してますか

著パトリック・レンシオーニ

 

 

会社を興して年商10億ドルの企業に育てた友人が

チームワークについて、こう話してくれた

「組織の全ての人間に同じ方向を向かすことができれば、どの業界でも、どの市場でも、どんな競争相手に対しても、どんな時でも圧倒的に優位に立てる。」

 

キャスリンと呼ばれる女性が、業績不良のある会社を

 

スポーツにおいて重要とされるチームワークの力を用いて立て直した物語です。

 

良いチームワークとは何なのか。チームを作った過程が全て掲載されています。

 

「ばらばらなチームは折れた手や足のようなものだ」

 

 

「治すには必ず痛みが伴う。きちんと治療するためには、もう一度おらなくちゃいけないこともある。そして2度目はわざと折るので、一度よりもずっと痛い」

 

 

想像ばすればわかると思いますが、

 

そして、キャスリンが来た時には、最悪だった。

 

危ない組織の5つの症状

・結果への無責任(各自の仕事にかまけて全体を見ない)

・説明責任の回避(衝突を避けて互いの説明を求めない)

・責任感の不足(決定したことでもきちんと支持しない)

・衝突への恐怖(不満があっても会議で意見を言わない)

・信頼の欠如(意見は一致していないのに議論が起きない)

 

全てがこの会社にはなかった。

 

各個人の性格を全員露わにすることから始まり、

チームの輪を崩すもの(テイカー)をチームから排除し

少しづつチームとして機能していった。

 

一度チームとして機能すると、社員自ら会社のとってどの位置がチームにもっともすぐているか理解するようになる。

 

スポーツのチームでは、よくある。レギュラーになれなかった上級生が応援団長になったり、自らが今どこで求められているのかを探し、そこでリーダーシップを発揮するチームは強い。

 

それは、本気で意見し、本気でぶつかり合ったから生まれるものである。

 

逆にAチームで試合にでれなくなった上級生が、リーダーシップを発揮できないチームは弱い。

 

どこのグレードにいても、どの立場でもリーダーシップを発揮できる場所がある。

 

 

常にチームのために何ができるのか考えているチームを作っていく必要がある。

 

 

そのためには、もちろんコーチとしての経験ももちろん大切だ。

 

 

私はこの本を読んで感じたことは

キャスリンは様々な方法を使って、チームを一つにまとめたが

その中で一番素晴らしい思ったのが

コミュニケーションの取り方だ。

役員各々によって話し方を変え、自信をつけていった。

 

また、ハリネズミの精神に基づき、小さな歯車を回していった

チームは大きく成長していいた。

 

方法云々もこの本を読めばわかるが、

 

何よりこの方法はこの会社にとってよかっただけだ。

 

どの組織もチームを運営していく上で何が大切なのか見極めていく必要がある。

 

鶏が先か卵が先か。English, Rugby, Familiy 

f:id:rugdaichan:20170331115040j:plain

f:id:rugdaichan:20170331022831j:plain

 英語学習

 

自分の子どもには、英語で育てます。

 

 

なんの宣言やねん。

 

ですが、疑問を感じますよね。

 

実は英語だけはちゃんと勉強して来たんですよ

うそやんとか言わないでね

 

小学6年生の時に

オールブラックスになりたいと本気で思っていました。hahahahahahahahaha

おそらく中一の時には忘れてたと思いますが。haha

 

 

私はラグビーしかやっていませんでしたが、

海外でラグビーしたいという思いがあったので、

中学の頃から英語だけは頑張りました。

定期試験で英語100点とったことあるぐらいです。

地元大阪で一番下から3番目の学力やんとかは置いといて....

 

他は面白くなかったんで、

授業ではなく興味のあることググる日々

 

 

あっその時はヤフル??yahooするね

 

 

実際海外に行っても全然話せない。

いとこがAmericanなのに来た時全く話せない。

なんのための勉強やったんでしょう。

 

意味がなかったとは一切思いませんが

 

 

わからないですが、目標が違うんでしょう!!hahahaha

カリキュラムが

英語を話すことを目標にしてないだけ。

 

英語を話すためには違った方法を!!!

今までToefleで得点を取ることを目標にしていましたが、

 

英語を話すことに

目標をシフトチェンジしました。

最近やっとそのこと教えてもらって本当に感謝しかないです。

 

 

スポーツ

 

スポーツ界で本当に感じるのが、

本当に日本代表が世界で勝つためのカリキュラムなのかということです。

 

ラグビー以外のスポーツはわかりませんが、

 

ラグビーは実は、あれだけの功績を残したのに、

日本代表が勝つためのプログラムが組まれていないの現実です。

 

どれだけすごかったか?

 

ウェールズと書いてますが、アイルランドのサポーターがほとんどです。


ラグビー日本代表大金星! ウェールズ在住ラグビーファンの反応

 

アイルランドオールブラックスの連覇をとめイングランドの連覇をとめたのも、アイルランド代表が勝利するようにカリキュラムが組まれたからです。

 

カリキュラムを考えてあげる必要があると思います。

 

成長を求めるのであれば、

自分の求めたカリキュラムが組まれた場所に行くべきだと思います。

 

コーチ

 

コーチも変化していく必要があると思います。

 

コーチ?が自らの経験の元、教えているだけが日本の現実です。

 

考えていきたいのが、

 

コーチが良くなれば、選手がよくなるのか?

 

 

こういった問題はよく

 

鶏が先か卵が先かという話になると思います。

 

どっちでもいい。

 

 

それを言い訳にして話すことを止めることが嫌いです。

どっちが先がではなく

 

鶏がどこで生活し、何かを学び、なにかを感じることが大切だと感じます。

 

 

進化を求める鶏の子は進化を求めることでしょう。

 

進化を求める!!!

書いている内容がバラバラになりましたが、

 

また書いていきたいと思います。