My place in Oz

ラグビー、コーチング、夢、留学、ビジネスについて

MENU

組織の全ての人間に同じ方向を向かすことができれば、どの業界でも、どの市場でも、どんな競争相手に対しても、どんな時でも圧倒的に優位に立てる。 エディージョーンズ おすすめの本 パート1

f:id:rugdaichan:20170403141401j:plain

こんにちは

 

日本にはコーチング文化がないということを前提に

 

コーチングを学ぶために

 

コーチングについて学ぶためにエディがお勧めしている15冊の本を読み漁りました。

 

ガンガン紹介していきます。

 

 

というわけで

 

 

 

その第一弾

 

 

あなたのチームは、機能してますか

著パトリック・レンシオーニ

 

 

会社を興して年商10億ドルの企業に育てた友人が

チームワークについて、こう話してくれた

「組織の全ての人間に同じ方向を向かすことができれば、どの業界でも、どの市場でも、どんな競争相手に対しても、どんな時でも圧倒的に優位に立てる。」

 

キャスリンと呼ばれる女性が、業績不良のある会社を

 

スポーツにおいて重要とされるチームワークの力を用いて立て直した物語です。

 

良いチームワークとは何なのか。チームを作った過程が全て掲載されています。

 

「ばらばらなチームは折れた手や足のようなものだ」

 

 

「治すには必ず痛みが伴う。きちんと治療するためには、もう一度おらなくちゃいけないこともある。そして2度目はわざと折るので、一度よりもずっと痛い」

 

 

想像ばすればわかると思いますが、

 

そして、キャスリンが来た時には、最悪だった。

 

危ない組織の5つの症状

・結果への無責任(各自の仕事にかまけて全体を見ない)

・説明責任の回避(衝突を避けて互いの説明を求めない)

・責任感の不足(決定したことでもきちんと支持しない)

・衝突への恐怖(不満があっても会議で意見を言わない)

・信頼の欠如(意見は一致していないのに議論が起きない)

 

全てがこの会社にはなかった。

 

各個人の性格を全員露わにすることから始まり、

チームの輪を崩すもの(テイカー)をチームから排除し

少しづつチームとして機能していった。

 

一度チームとして機能すると、社員自ら会社のとってどの位置がチームにもっともすぐているか理解するようになる。

 

スポーツのチームでは、よくある。レギュラーになれなかった上級生が応援団長になったり、自らが今どこで求められているのかを探し、そこでリーダーシップを発揮するチームは強い。

 

それは、本気で意見し、本気でぶつかり合ったから生まれるものである。

 

逆にAチームで試合にでれなくなった上級生が、リーダーシップを発揮できないチームは弱い。

 

どこのグレードにいても、どの立場でもリーダーシップを発揮できる場所がある。

 

 

常にチームのために何ができるのか考えているチームを作っていく必要がある。

 

 

そのためには、もちろんコーチとしての経験ももちろん大切だ。

 

 

私はこの本を読んで感じたことは

キャスリンは様々な方法を使って、チームを一つにまとめたが

その中で一番素晴らしい思ったのが

コミュニケーションの取り方だ。

役員各々によって話し方を変え、自信をつけていった。

 

また、ハリネズミの精神に基づき、小さな歯車を回していった

チームは大きく成長していいた。

 

方法云々もこの本を読めばわかるが、

 

何よりこの方法はこの会社にとってよかっただけだ。

 

どの組織もチームを運営していく上で何が大切なのか見極めていく必要がある。