読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My place in Oz

ラグビー、コーチング、夢、留学、ビジネスについて

MENU

日本選手権決勝

先日、日本のラグビー界のトップを決める大会の決勝が行われました。

そこで繰り広げられいたオーストラリア人フランカーの戦い!

 

えげつない!

 

目まぐるしいジャッカル

 

ブレイクダウンが有利であった、パナソニックは、

サントリーのはやいシェイプアタックを阻止!

 

また、ラッシュデフェンスを難なくかわす山沢選手のショートパント

戦術的駆け引きが多く見受けることができました!

ここにバーンズも参加していたらと思うと.....

 

今回はオーストラリア人フランカーについて

今日は書いていこうと思っています。

 

 

デイビット・ポーコック

彼は実はジンバブエ人なんです!!あの狂人な肉体やプレイはここがルーツだったかもしれません。

そこで、キャリアについて書いていこうと思います。

2002年オーストラリアに移住し、ブリスベンのアングリカン・チャーチ・グラマースクール卒業。

 

 

 

スクール在学時の2005年、

ラグビーオーストラリア高校代表(School Boys)に選出さらました。

 


2006年 ウェスタン・フォースに加入。


2007年、オーストラリアA代表に選出、パシフィックネイションズカップ(2007 IRB Pacific Nations Cup)に出場


2008年、ワラビーズに選出、イタリア戦で代表デビュー。それまで長くワラビーズフランカーを務めてきたジョージ・スミスと同じポジションのため、後半からか、スミス欠場の場合の出場だったが、2010年から先発に定着!!

 

そう。オーストラリア代表選考で

ジョージスミスからポジションを奪うことができているんです。

 


2013年、ブランビーズに移籍。

 

2015年のワールドカップメンバーに選出され、個人での最多ターンオーバー数(出場5試合で17回)を記録!

 

 

ジョージ・スミス

 

29歳時に、最年少最多キャップ数を記録!!!

オーストラリア人の中でもレジェンドですよね。

 

1999年にエディー・ジョーンズ率いるブランビーズに加入

2000年のフランス戦でオーストラリア代表として初キャップを獲得しました。

 

2007年、ラグビーワールドカップのカナダ戦でキャプテンを務める。

2009年、国際試合からの引退を表明してフランスのRCトゥーロンに移籍

2011年から2014年までは日本のトップリーグサントリーサンゴリアスでプレ-

2013年にはブランビーズに一時復帰しブリティッシュアンドアイリッシュライオンズ戦で5年ぶりにキャップを獲得!!
2014年にフランストップ14のリヨンOUに移籍し、2015年からはイングランド1部プレミアシップのワスプスRFCでプレーしました。

2016年にはイングランドの選手協会による年間最優秀選手賞を受賞する。
2017年シーズンからの2年契約でオーストラリアのレッズでもプレーすることが発表され、2013年以来のスーパーラグビー復帰することになりました。

 

まさに、オーストラリアのレジェンド

 

最後に

私たちが現在、主に行なっている留学は

 

 

そう!

 

ジョージスミスがいくレッズがあるクイーンズランド州

 

五郎丸さんも昨年プレーしていましたよね!

 

f:id:rugdaichan:20170124160638j:plain

 

 今年は、オーストラリアで戦っているジョージスミスをを見ることができそうですね!

 

ラグビーのことばかりですが、

ラグビー以外の留学も可能です!

ではでは、オーストラリアで会いましょう!